ブログ

医療安全委員会からの活動報告

2019年8月15日|スタッフブログ

今月は医療安全委員会からの活動報告です。

医療安全委員会では、入居者様や利用者様が、安心・安全な生活と介護サービスが受けられるように、毎月ヒヤリハット報告書の分析を行っています。

介護の現場では、大事には至らなかったものの「ヒヤリとした」「ハッとした」出来事が多々起こります。このような、事故につながりかねない事例の発見を、医療や介護の現場等では「ヒヤリ・ハット」といいます。

発生したヒヤリ・ハットについて、さまざまな角度から検証した結果を、チームで共有し、今後の対処方法として決定し、実行していきます。このため、「ヒヤリ・ハット報告書」などの記録を残しています。

ヒヤリ・ハットが発生したときには、発生した事例を事故予防のサインと受け取って、原因を十分に検証するとともに、他のスタッフも含めたチームで予防策を共有していくこととしております。いろんなスタッフの考えにより「見えなかった原因」が少しずつ分かり、自分の成長にも繋がっていると実感できています。

今後も、ヒヤリ・ハットを予防するためには、スタッフが起こりうる事故を想定しながら介護を行う必要があるため、個別ケアや生活環境の見直しなどを行い、発生件数「ゼロ」になるよう頑張っていきます。

                                               医療安全委員会

「ヒヤリハット 介護 画像」の画像検索結果        「ヒヤリハット 介護 画像」の画像検索結果
このページの先頭へ戻る