ブログ

お寄せ頂いたご意見:「食事に麺類が少ない」

2013年9月12日|お寄せ頂いたご意見

昨日、男性の入居者さんから「ここの献立は、麺類が少ない。増やして!」とご意見を頂きました。

 

そこで献立を確認すると、麺類は、大雑把に言えば週に1回程度でした。

私の個人的な意見としては、自分の食事の中で麺類を食べる日は、「大体週1回程度かなあ」と思います。

 

病院の管理栄養士に意見を聞きました、「少ないと思いますか?」と。

私は、管理栄養士の回答に感心しました。

 

○○さんは元ビジネスマンでしょ。そういう人は、昼食に外で麺類を食べることが多いですよ。だから少ないと思われたのでしょう

 

ハッとしました。さすがです。

 

ケアの基本は、その人の人生だとか、生きてきた歴史をしっかりと捉えることです。ビジネスマンと自営業の人、農業や漁師さん、

それぞれの職歴によって、生まれ育った地域によっても食習慣や嗜好は当然変わります。

 

「一般的にどうかなあ??」としか考えていなかった自分が恥ずかしいです。

 

今回頂いたご意見は、時間の給食委員会で報告させて頂きます。

申し訳ありませんが、他の方のご意見を伺いたいので、すぐに献立の中身を変更することは考えていません。次回の入居者さん、利用者さんへの嗜好調査に活かし、献立の改善を図りたいと思います。」と直接回答させて頂き、了解いただきました。 

 

ちなみに、「この前出た麺がねえ、すごく美味しかったんだよ。だからぜひお願いしたいねえ。」と言われておりました。ありがたいです。    こさか

お寄せ頂いたご意見:玄関の整理整頓を。

2013年5月29日|お寄せ頂いたご意見

今日のお昼前にご意見を頂きました。

「靴箱にくつやスリッパが多い。もう少し、きれいに整理整頓されてみては?」

 

玄関は、その施設の顔です。おっしゃる通りだと感じました。本当に申し訳ありませんでした。

 

くつやスリッパは主に、毎日お見え頂くご家族様や入居者の方の一部の方が置かれていました。

おいて頂くことは利便性が高いことですので、新たに靴箱をおきまして、写真の通り整理しました。

 

今後、靴が増えた場合は、また再考します。

 

ご意見ありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いします。            小阪

お寄せいただいたご意見:「口座引き落としかどうかが分かりにくい」

2013年5月23日|お寄せ頂いたご意見

先日、窓口にて「請求書が届いたが、口座引き落としの手続きをしている。いつから引き落としになるのか。引き落としにいつまでもならない。窓口支払いしないといけないなら、手続きした意味がない」というご意見を頂きました。

 

その際、お詫びし窓口にてお支払いを頂きましたが、再度確認すると、その請求は口座引き落としされる予定であり、窓口で支払っていただく必要のないものであることが分かりました。

当然、再度お詫びと返金のため、ご自宅へ伺いました。ご足労頂いたこと、わかりにくい書類を送付してしまったこと、本当に申し訳ありませんでした。

 

原因は、口座引き落としになる請求と窓口払いの請求の書式や送付の様式が同一であり、そのため区別がつかないと判断しました。

改善策として、口座引き落としになる予定の請求書には、封筒に「口座引き落とし分」と大きく印鑑を打つことといたします。印鑑はただいま発注しております。

皆さんにお送りします請求書には、次回分から押印いたします。

 

大変ご迷惑をおかけいたしました。また、ご意見いただき誠にありがとうございました。 小阪

 
このページの先頭へ戻る