ブログ

入居状況と入居基準について

2014年3月14日|FAQ

 よく電話などで「お部屋は空いていますか?」とお尋ねいただきます。

現在の所、常時満室の状況です。したがって、入居を希望される場合は、

入居申し込みを頂いたうえで、お待ちいただくこととなります。

 

 空室ができ、次に入居頂く方を決める際の基準は、種々あります。

現在の身体状況や、病状であったり、介護を受けている場所、介護者の方の状況など

鑑み決定をしております。申し込み順ではありませんので、長期にお待ちいただく場合や

反対に早期に入居される場合もあります。

 

 まずはご見学を頂いたうえで、ご相談をしたいと思います。お気軽にお電話ください。

ご見学に際しては、必ず電話にてご予約を頂きますようお願い申し上げます。  こさか

土・日・祝日の窓口は・・・。

2013年6月23日|FAQ

土・日・祝日も窓口は開いています。

8名の職員が当番制で窓口に座り、電話や見学などの対応をしています。

 

しかしながら、金庫は開けません。

したがって、利用料金等お金のやり取りは一切できませんのでご注意ください。

 

基本的には、当番の仕事はセキュリティです。不審者が入室しないか、あるいは、認知症を持っている方が、出ていかれたりしないか、散歩に行かれた方が帰ってこられたか、事務所窓口で見守っています。

 

今日の当番は私、小阪です。当番の日は、電話も少ないので、たまった仕事をボチボチ頑張る感じになります。

先ほど書きましたとおり、セキュリティで座っていますので、トイレ以外はほとんど動きません。周りに誰もいないので、しゃべることもありません。寂しい感じです。

 

面会に来られる方は、当番に一声かけてください。寂しさがまぎれます。

 

来月からは、このブログも各部署から1か月に1回以上更新してもらうようにします。いろいろな部署、職員が更新すると、豊かなブログとなるでしょう。

こさか

 

よく聞かれるご質問:入居申し込みについて

2013年6月17日|FAQ

入居申し込みについて、その方法などについてご説明します。

 

入居申し込みは、まず、施設のご見学をご本人、ご家族にして頂きます。ご本人の見学は、入院されている、まだ本人に話をしていないなど、特別な理由がないかぎりお願いします。ご本人にご見学をお願いするのは、いくつか理由があります。たとえば、ご本人の様子、つまり、お体のご様子、施設に入ることへの気持ち、認知症の状態、性格などを確認するためです(ご本人のご見学ができない場合は、様子を確認するため、ご自宅や入院先等に訪問し、面談させて頂きます)。

見学をして頂きながら、様々な質問にお答えし、また、説明をさせて頂きます。そして、私どもからもいくつか質問をさせて頂きます。

 その後、申込書にサインを頂きます。

 

後日、担当されるケアマネジャーさんや主治医の先生から情報を頂きます。入居可能と判断されれば、 あとは入居の順番が来るのを待つこととなります。

 

時々ですが、「本人には内緒で段取りを進めたい」と希望されるご家族がおられます。それぞれのご事情があるのだと思います。しかしながら、ご本人の様子確認や、“ある程度”の納得がない形での入居はお断りしています。ご理解ください。

 

以前も書いておりますが、ご見学やご相談は事前にお電話のうえ、お越しください。どうぞよろしくお願いします。小阪

よく頂くご質問:どこまでみてくれますか?

2013年6月13日|FAQ

ご見学の時、入居前、よく頂くご質問に「どこまでみてくれますか?」というのがあります。

ご質問を頂かなかったとしても、私から必ずご説明をします。

 

質問される方の意図や心配は、「ずっといれるのか、居れなくなったらどうなるのか、また施設を自分たちで探すのか」

というところにあると考えています。

 

ご質問には2つの面からお答えしています。

 

1つは契約書にどのように記載されているか。

当然有料老人ホームは、入居契約を締結しますので、契約に則って対応することになります。

解約の要件はいくつかあります。

料金の未納に関する条項、入居者・身元引受人が私どもとの信頼関係を損なう行為をした場合(書類の虚偽記載など)に関する条項、入院に関する条項、重度化に関する条項などです。

契約書の内容を、できる限りわかりやすく説明しているつもりです。

 

2つ目はこれまでで、どのような時に解約となったか、ならなかったか、実際の例からお話をしています。

例えば、入居中ガンがみつかり、入居者自身が治療を希望され解約となった例、積極的な治療を望まれず、ケアポートで最期まで看取らせて頂いた例、認知症による徘徊に対応が十分できず、グループホームへ入居された例などをお話しています。

 

1つとして同じケースはありません。その入居者に対し必要なケア、私たちが提供できるケア、ご家族らが望まれるケア、それらを十分に話し合い、ケアポートでの入居継続が適当かどうかを決めています。

 

「どこまでみてくれますか?」への答えは「何が必要で、何を望み、私たちにできることは何かを話しあいながら決めていくこととなります」とお答えします。 こさか

 

 

よく頂くご質問:いつごろ入れますか?

2013年6月10日|FAQ

よく頂くご質問に、「いつごろ入れますか?」というご質問があります。

有難いことに、ケアポート緑ヶ丘は開設して8か月経過した頃からこれまで、常時満室の状態です。

平成24年度の退居者数は13名(入院4名、お亡くなりなられた方5名(うち3名ケアポートにて看取り)、他の施設に移られた方4名)でした。

 

平均すれば月1名程度は入退居があることになりますが、多い月もあれば、全く入れ替わりの無い月もあります。

 

「いつごろ入れますか?」と質問される皆さんの緊急度は理解させて頂いているつもりです。

しかし、毎回、「こればかりはいつとは言えません」とお答えするしかありません。

 

入居の順番は、その方の心身の状態、緊急性などを十分に考慮し決定をさせて頂いております。

そのため、申込をされた順番ではありません。

 

現在、荒尾市内の有料老人ホームの定員は200名を超えています。ここ数年で急増です。

有料老人ホーム以外にも、もちろん介護保険施設もあり、施設の選択肢は増えているのでしょう。

 

私たちケアポート緑ヶ丘も、漫然とせず日々進歩し、今のように常時満室の状態でおられ、

入居者のみなさんに、少しでも良いケア、生活が提供できるよう努力してまいります。

そしていつか、荒尾という地域に根ざし、あつい信頼を頂けるように。               こさか

暑くなりした。ケアポートの冷房の基準について

2013年5月22日|FAQ

暑くなりました。しかも、今日は、PM2.5が基準値を超え、注意報が出ています。

注意報が出た場合は、換気を制限するなど、外気をなるべく入れないようにしています。

そうするとなおさら暑い。毎年、「冷房はいつ入れるの?」、「暑い」と言われます。

 

冷房の管理、室温の管理は法人共通の規定に基づいて行っています。

 

夏は、室温27~28℃、もしくは湿度70%以下となるよう管理しています。

感じ方には個人差がありますが、目で見てわかる基準としてこのようにしています。

 

また、この夏も節電を九州電力などにより言われることでしょう。

 

ご不便や人によってはもう少し緩和してほしいと思われるかもしれません。

 

ご理解とご協力をお願いします。         こさか

 

よく聞かれる質問:入居相談・見学はいつでもできますか? A:事前に予約してください。

2013年5月18日|FAQ

皆さんこんにちは。暑くなりましたね。もう少しすると梅雨、気が重くなります。

 

さて、ケアポートには多くの入居相談、ご見学に来ていただきます。有難いことです。

 

これは私ども都合ではありますが、なるべくお電話、メールで予約をしてください。

見学・相談対応は原則として私がしています。所要により外出することや様々な業務

があり、突然おいで頂いても対応できなことがあります。

 

電話で予約いただくと時間もしっかりと取れますし、事前に要頂きたい資料なども

お互いに準備できます。なにより心の準備ができます。心の準備、結構重要です。

 

また、相談者には担当のケアマネジャーさんがいる方、病院に入院されている

方も多くいます。ぜひ、ケアマネジャーさんや病院のMSWさんにお願いですが、事前

に電話をして、ご本人の状況などをお知らせください。理解が深まりますので。

 

どうぞよろしくお願いします。 こさか

 

 

よく頂くご質問 その1

2013年4月22日|FAQ

よく頂くご質問の1つに、「元気な人しか入れないのでしょうか?」というのがあります。

 住宅型有料老人ホームというと「元気な人」が入るところというイメージが未だにあるのでしょう。

ケアポート緑ヶ丘の入居者様の平均の介護度は、今日現在で、約2.7です。

当然、要介護5の方もおられます。年間何名か、看取りもさせて頂きました。

今後は、ますます重度化するのではないかと感じています。

ご質問には、いつもこのようにお答えしています。  こさか
このページの先頭へ戻る