ブログ

認知症委員会活動報告

2020年4月5日|日々の出来事

今回のブログは認知症に関して職員の取り組みを報告させて頂きます。

ケアポート緑ヶ丘にはご入居様の身の回りのサポートを行う介護職のほかリハビリスタッフやケアマネージャーなど多くの職員が日々の業務を行っております。

認知症委員会では毎月、有料ホーム・デイケア・ヘルパーサービス・居宅介護支援事業所の職員間で、ご入居者様の生活状況を報告し、問題点の改善を含め意見の交換を行い、ご入居者様にとって快適な毎日を過ごして頂けるように努めています

 

入居者様の事例

〇排泄は自立していたが、最近では失敗(失禁)が多くなってきた

〇辻褄の合わない事を話されることがある、また精神的な落ち込みが強くみられる

〇自室で転倒される事が頻回に出てきている

対策として

〇定期的なトイレ誘導の実施

〇話の傾聴

〇居室内の環境整備

と基本的なサービスを見直すことを徹底し、問題の改善を図りましたが、何度検討しても、直接的な問題解決へは至らず、白寿園で行われる認知症検討会へ今回の事例を相談することにしました

 

認知症検討会診察結果

診断:【正常圧水頭症】

正常圧水頭症は、頭の中や脊髄の表面を流れる、髄液と呼ばれる水が、脳の中心にある脳室と呼ばれる場所に溜まり、周りの脳を圧迫することにより、歩行障害、物忘れ、排尿が間に合わないなどトイレの問題などが出る病気。

手術を行うことで回復が見込めるが今回の件では高齢ということで手術はしない事を選択される。

【アドバイス】

・精神的症状のコントロールが必要、今の対応を継続していく

・身体を起して生活することで機能改善をするかもしれない

→日中疲労感を訴えられ、ベッドで休んで過ごしていただく時間が多くありました。

 

アドバイスを受けそれぞれのスタッフの関わり方の見直しを行いました。

結果として転倒の回数は減り、以前と比べ落ち着いて生活される時間が増えております

一括りに記憶障害といってもそれが必ずしも認知症ではないのだと今回の件で学ぶことができました。今後も認知症委員会では入居者様が快適な生活をおくれるよう分析を行い日頃のケアに努めていきたいと思います。

 

ラジオ体操の指導に来ていただきました

2020年2月17日|スタッフブログ

本日は、一般財団法人簡易保険加入者協会からラジオ体操の指導に来ていただきました。

ラジオ体操はかんぽ生命保険さんが発祥だそうですが、ご存知でしたか?

現在も、ラジオ体操の普及に小学校などに行かれているそうで、その取り組みの一環として、当施設にもおいでいただきました。

指導員の方から座ったままで操する動作を丁寧に教えていただきましたので、明日からの体操に取り入れていきたいと思います。

医療安全委員会からの活動報告

2020年1月20日|スタッフブログ

医療安全委員会では毎月1回、転倒や内服ミス、離設行為などのヒヤリハッと・事故報告書の分析を行っています。

今年度は、入居者様の離設行為が上半期は発生していましたが、施設内のセキュリティの強化と各事業所が連携・協力することで、大幅に発生率を下げることができました。

入居者様には、ケアポート緑ヶ丘での生活にストレスを感じることが少なくなるようにご家族様の協力や安心できるような言葉掛けを行うことで、認知面の進行なく対応できたと思っています。

内服ミスに関しては、昨年度に比べ発生率は下がっています。ルールの徹底と自己分析を継続して行っていきたいと考えています。

今年度は、居室での転倒が多くありました。対応としまして介護用具の見直しや、離床介助での見守りと声かけなどを行いました。また、ご家族様へ状態の報告をさせていただき、要望などをお伺いしています。

今後も入居者様が少しでも安全に生活がおくれるように委員会での分析と、事業所への助言・指導を行い、次回の報告では「転倒の発生が減りました!」と言えるように委員会メンバーで協力し頑張っていきます。

                                                   医療安全委員会

緑ヶ丘小学校4年生の皆さんとの交流会

2019年12月23日|スタッフブログ

毎年恒例となっている、緑ヶ丘小学校4年生の生徒さん68名との交流会を、12月23日に行いました。

12月3日には、事前に当施設の見学に来ていただき、入居者の方々が普段どういった生活をされているのかを学習してもらい、交流会に備えていただいております。

まず初めにリコーダーの演奏と歌の披露がありました。歌の1曲は11月の合唱コンクールで発表されたものだそうで、澄んだ歌声に心が洗われるようでした。

続いて、小学生の皆さんが考えてきたゲームなどで交流会が始まりました。

それぞれ12班に分かれて、カルタ、魚釣り、輪投げ、すごろく、けん玉、紙相撲など、全て手作りでたくさん用意いただき、皆さん童心に返って楽しんでいらっしゃいました。

来年もぜひお待ちしています!!

クリスマス忘年会を開催しました。

2019年12月20日|スタッフブログ

12月19日(木)にクリスマス忘年会を開催しました。

まずは、皆さんお楽しみの行事食では、握り寿司をメインに提供しました。握り寿司は皆さんの目の前で握っていただきました。普段食べることの少ない生鮮を食べられ、「おいしいよ~」「久しぶりに寿司を食べられた」と皆さん喜ばれ、おかわりをする方もいらっしゃいました。

次に、ボランティアで和音(わおん)さんの3人に来ていただきました。

和音さんには2種類の太鼓の他、琴、三味線などの演奏を披露していただきました。皆さん20代でお若いのに太鼓歴は20年以上のベテランだったり、琴や三味線などの新しい楽器の演奏にチャレンジをされていて、皆さん元気をもらわれたようでした。

続いて、12月20日に100歳のお誕生日を迎えられる片山様のお祝いをさせていただきました。ご家族にもご参加いただき大変めでたい雰囲気の中で、ご本人様にも喜んでいただけたと思います。長寿の秘訣は「特にありません。普通にすることです。」と話されていました。これからも、ケアポート緑ヶ丘での生活を楽しく有意義に過ごしていただくために職員一同支えていきたいと思います。

最後は、新入職員による余興を披露しました。今年は全員で9人の職員が新しい仲間となりましたので、自己紹介と余興として「パプリカ」ダンスを踊りました。

棟上げをしました

2019年11月1日|スタッフブログ

小規模多機能ホームかわせみ苑の建設工事については、9月10日に地鎮祭を終え、9月20日から着工したところですが、今のところお天気にも恵まれ順調に進んでいまして、10月30日に棟上げをすることができました。

最初に理事長から大工さんに対し、工事が事故なく無事に終わることを祈念してご挨拶をいただき、引き続き建物の四方に酒・塩・米・いりこをまいて安全祈願である「上棟の儀」を行いました。

それから、わずか2日で棟上げが完成しました。今は工法が進んでいて工場で加工した木材を搬入して、現場では組み立てるだけなので非常に早いです。

引き続き、建設工事の進捗について、このブログでお知らせいたします。

また、小規模多機能ホームかわせみ苑新規オープンに伴い、介護職員及び看護職員を募集していますので、ご応募お待ちしています(こちら)

接遇委員会からの活動報告

2019年10月25日|スタッフブログ

当委員会では、「入居者様・利用者様、スタッフと円滑なコミュニケーションを図るために自分の接遇態度を振り返る」を目的にチェックシートを作成し、年2回の個人チェックを実施しておりまして、8月に前期のチェックを行いました。(詳細はコチラ

集計の結果、

4.馴れ馴れしい言葉や態度をとらず、敬語で丁寧な対応ができている

6.忙しいという顔、態度をしていない

8.私語は慎み、他のスタッフから聞こえる時は注意をしている

の項目で半数以上が「時々できている」又は「いいえ」という結果になりました。

この結果を踏まえ、後期はできている項目は維持継続し、できていない項目の改善を目指していきます。

9月には介護従事者に対する接遇の勉強会を行いました。

一般接遇の基礎から介護従事者に求められる接遇まで学び、入居者様、利用者様、ご家族様がより安心できるサービスの提供に努めていきます。

12月には入居者様、利用者様、ご家族様に接遇アンケートを実施する予定ですので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

敬老会を開催しました。

2019年9月16日|スタッフブログ

9月13日(金)にデイケアホールで敬老会を開催しました。

前日から、デイケアホールを含め施設内をさまざまな飾りで雰囲気も楽しんでいただけるよう、スタッフが頑張って飾り付けしました。「きれいね」「すごいね」と喜んでいただけたようです。

当日の昼食は行事食で豪勢な食事と、ケーキやゼリーなどをバイキング方式で召し上がっていただきました。量はかなりありましたが、ほとんどの方が残されることもなく召し上がられていました。

敬老会では「大牟田なつメロ愛好会」による歌の披露をしていただきました。

愛好会のメンバーの中に、元レコード会社専属歌手の方がいらっしゃって、音響設備もばっちりで、歌声が大変素晴らしく、利用者の方々も「とても良かった」と感想をいただきました。

毎年行っている95歳以上のご長寿表彰では、今年度は11名の方に賞状と記念品をお渡しすることができました。

最高齢の方は102歳となられていますが、変わらずお元気にお過ごしいただいております。

今年度表彰された方、それ以外の方々みなさまに来年も敬老会に元気に参加し、楽しんでいただけるよう、私たちスタッフも頑張っていきたいと思います。

地鎮祭を行いました

2019年9月10日|日々の出来事

来年3月に小規模多機能型居宅介護事業を開始することにしておりまして、それに伴い新しく建物を建設することになりました。

施設の名称は、”小規模多機能ホームかわせみ苑”です。

本日は建物の建設工事に先立ち、地鎮祭を執り行いました。

参加者には、地域の方にもご出席いただき、厳かに滞りなく無事に執り行うことができました。

地域の方々には、これから施設の運営に貴重なご助言やご支援をいただきながら、地域に必要とされる施設にしていきたいと思います。

引き続き、建設工事の進捗について、このブログでお知らせいたします。

また、小規模多機能ホームかわせみ苑新規オープンに伴い、介護職員及び看護職員を募集していますので、ご応募お待ちしています(こちら)

医療安全委員会からの活動報告

2019年8月15日|スタッフブログ

今月は医療安全委員会からの活動報告です。

医療安全委員会では、入居者様や利用者様が、安心・安全な生活と介護サービスが受けられるように、毎月ヒヤリハット報告書の分析を行っています。

介護の現場では、大事には至らなかったものの「ヒヤリとした」「ハッとした」出来事が多々起こります。このような、事故につながりかねない事例の発見を、医療や介護の現場等では「ヒヤリ・ハット」といいます。

発生したヒヤリ・ハットについて、さまざまな角度から検証した結果を、チームで共有し、今後の対処方法として決定し、実行していきます。このため、「ヒヤリ・ハット報告書」などの記録を残しています。

ヒヤリ・ハットが発生したときには、発生した事例を事故予防のサインと受け取って、原因を十分に検証するとともに、他のスタッフも含めたチームで予防策を共有していくこととしております。いろんなスタッフの考えにより「見えなかった原因」が少しずつ分かり、自分の成長にも繋がっていると実感できています。

今後も、ヒヤリ・ハットを予防するためには、スタッフが起こりうる事故を想定しながら介護を行う必要があるため、個別ケアや生活環境の見直しなどを行い、発生件数「ゼロ」になるよう頑張っていきます。

                                               医療安全委員会

「ヒヤリハット 介護 画像」の画像検索結果        「ヒヤリハット 介護 画像」の画像検索結果
このページの先頭へ戻る