ブログ

ケアポート緑ヶ丘の求人情報

2017年4月19日|求人情報

 現在、ケアポート緑ヶ丘では、下記の職種を求人しています。ぜひご応募ください。

ケアポート緑ヶ丘は、有給休暇の取得促進、残業ゼロ運動など働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

まずは、お電話かメールでご相談ください。

*****************************************

介護職(サービス提供責任者)(正職員)を募集しています!

 基本給:134,300円~163,600円

 管理手当:10,000円

 職務手当:11,000円

 調整手当:6,590円~7,810円

 通勤手当:実費(上限なし)

 住宅手当:3,000円~

 家族手当:1,000円~

 勤務時間:7:00~15:50,8:00~16:50 ※ローテーション

 休日:年間110日(4週9休程度/月)

 昇給:2,000円から3,000円 

 賞与:年3回4.3月分(前年度実績)

 ※各種保険がつきます。

*****************************************

 

 

 求人に関するお問い合わせは下記まで。

お問合せ:寺本(0968-65-5111)

お花見会を開催しました!

2017年4月7日|スタッフブログ

リハレク委員会からの活動報告です。

4月6日に、お花見会を開催しました。入居者様、外部からのご利用者様に参加して頂いています。

昼食は、調理を委託している㈱レオックさんにも協力してもらい、「お花見さくら御膳」を提供しています。

 

メニュー紹介

 さくらちらし寿司 

 鯛のさくら蒸し

 若鶏の巻物

 そら豆と桜えびのかき揚げ

 三色団子風煮物

 南瓜・里芋・人参

 ふわふわえだまめ揚げ絹さや

 人参ゼリー

 菜の花辛子和え

 すまし汁

 夜桜ようかん

 

☆入居者様、ご利用者様のコメント 

 「食べきれないほどいっぱい」「色がとてもきれい。ごちそう」「おいしかった」

 などなど 嬉しいお言葉を頂いています。

 

昼からのイベント紹介

 ボランティアの方に来て頂きました。

 オカリナを演奏しながら、みなさんで、歌を唄いました。

 

 懐かしい曲を選曲、よく「声」がでておられました。

 演奏の間に頭の体操などをされ少し気分転換!とても熱心に聞かれていました。

 

☆お花見会後の入居様、ご利用者様のコメント

 「とても楽しかったです」「またお願いしたい」などなど

 たくさんの笑顔や感謝のお言葉を頂き、委員会スタッフも、満足しています。

 少しでも喜んで頂けるよう今後も、一生懸命取り組んでいきます。

                                        リハレク委員会

 



 

認知症委員会からの活動報告

2017年3月30日|日々の出来事

3月9日に、国立病院機構大牟田病院で行われた「医療の現場における認知症支援-認知症コーディネーターの視点から-」という研修に参加しました。

大牟田市立病院の看護師長からのお話で、病院では、まだまだ認知症ケアについて学べておらず、中核症状やBPSDって何?といった感じで、以下のような困難を抱えて仕事をしているということでした。

・医療の現場でも認知症症状の対応が難しい。

・治療の協力が得られない。

・結局は抑制や制限をしなくてはならず、病状悪化を誘発している。

そのため、大牟田市立病院では、認知症ケアを学ぶために、介護施設やグループホームに出向き、現場実習を通して認知症ケアの学びを深めていらっしゃるそうです。

認知症ケアにおいては、「正しい答えは一つではない」とよく言われます。

日々、認知症の方と向き合ってケアを行っている私たち介護士でさえも、個別的な接し方が難しいと感じることは多々あります。

今後も、知識・技術の習得・向上に努め、ケアの対処法をアイデアとしていくつも出すことができ、認知症の方の不自由さを少しでも取り除くことができることで、今の生活、そして『その人らしさ』を持って楽しく過ごしていただけるように努力していきたいと思います。

 

認知症委員会

接遇委員会からの活動報告

2017年2月7日|スタッフブログ

接遇委員会では、年4回テーマを決めて標語を掲示しています。

平成29年1月~3月のテーマは、「より良い人間関係をつくるために」です。

全スタッフを対象に募集を行い、今回選ばれた作品は、

”みんな持ってる自分色 みんなに広がれ やさしい心”

色々な優しさがケアポートいっぱいに広がるといいな~と思います。

 

今年度も残りわずかとなりました・・・

やり残したことはありませんか?今年度の目標の反省、評価を行い新たな目標の準備をしていきましょう!

 

介護職のための接遇・マナーガイドブックから・・・

『接遇の五原則』

① あいさつ

② 身だしなみ

③ 態度

④ 表情

⑤ ことば遣い

の中から「あいさつ」に少し触れたいと思います。

・あいさつは、お互いの存在を認める行為であること。

・相手に心を開いたあいさつは、相手の心を癒します。

・逆に、あいさつをしない行為は相手にどんな印象を与えるでしょうか?

・それは、漢字で表せば「相殺」と書いて「あいさつ」。

・あいさつをしない行為は、相手の存在を否定することになります。

・あいさつは、仕事の入り口と出口です。『おはようございます』で始まり『お疲れ様でした』で終わります。きちんと入口から入り、出口から出ましょう。

仕事の基本です。  とあります。

 

毎日、気持ちの良いあいさつで始まり、気持ちの良いあいさつで終わりたいと思います。

                                                 接遇委員会

排泄ケア勉強会

2017年2月2日|スタッフブログ

1/31(火)に排泄ケアの勉強会を実施しました。

講師には、株式会社リブドゥコーポレーションの排泄ケアアドバイザーの方にお願いしました。

講義内容は、普段実施しているオムツの当て方について、実際に自分たちでオムツとパッドを当ててみて、ズレや隙間を確認し、どうすればピタリとフィットするように当てられるかについて、教えていただきました。

オムツの機能をキチンと活かした当て方をすれば、漏れも少なく、交換回数も減らすことができるため、利用者様にとって不快な時間を減らすことができるとともに、スタッフにとっても結果として仕事を減らすことができるため、しっかりと習得していきたいと思います。

 

ケアポート忘年会を開催しました

2017年1月4日|スタッフブログ

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

遅くなりましたが、リハレク委員からの報告です。

昨年12月24日(土)にケアポート忘年会を開催しました。

入居者様35名、外部デイケア利用者様11名の方に参加いただきました。

まず初めに、荒尾市民生委員・児童委員協議会様、炭坑ガールズ様に来ていただき、たくさんの踊りや歌を披露していただきました。

見ている皆さんも一緒に踊られる仕草をされたり、笑顔も見られました。

次に、新人職員による出し物で皆さんに喜んでいただきました。

最後に抽選会を行いましたが、当りが出た方、ハズレた方もいらっしゃいましたが、皆さん楽しんで下さいました。

また、次の機会も、同じメンバーで出来たらいいなぁ・・・と思います。

                                               リハレク委員会

岱洋西区子ども会の夜警活動

2016年12月28日|スタッフブログ

12/27(火)昨日の雨は上がったものの、寒風吹きすさぶ中、岱洋西区子ども会さんとグリーンヒルズさんで、夜警活動が行われました。

今年は、荒尾市社会福祉協議会の補助もあり、独居のお年寄りの家には、赤飯と来年の干支である鳥(ニワトリ)の可愛い置物が送られます(ケアポートにもいただきました)。

18時45分にケアポートを出発し、区内を1時間弱回りました。

「火の用心、マッチ一本火事のもと!」と、子どもたちの大きな声を聞いて、家から出てくれる方もおり、寒~い夜でしたが喜ばれる方々のお顔に子どもたちもうれしそうです。

冬場は、空気の乾燥などによる火災の多い季節です。つい先日も糸魚川市の大規模火災が起こったばかりです。皆さまも火の元には十分お気をつけください。

医療安全委員会からの活動報告

2016年12月8日|スタッフブログ

前回(8月)は、食中毒予防についてでしたが、今回は感染症対策についてです。

今年、インフルエンザが既に流行しています。皆さんは予防注射を受けられましたか?予防注射を受けたから、絶対インフルエンザにかからないわけではありませんが、かかっても軽い症状で軽快すると言われています。

外出時はマスクの着用をしましょう。また、帰宅時はマスクを外し、手洗い・うがいをして、さらに手指消毒はアルコールで行いましょう!

インフルエンザと同様にこの時期(10月~3月)にかかりやすいのが、感染性胃腸炎です。感染性胃腸炎は、ノロウイルスに感染することで発症し、24~48時間の潜伏期間があり、感染力が強く、1~100個で発症します。症状は腹痛、嘔吐、下痢で、ウイルスは3~7日で便中に排出します。

ロウイルスは非常に小さく、爪や手のしわに残りやすく、汚染された手で便座や便器のフタ、手すり、洗面所、ドアノブ、ベッド柵、汚物処理室などを触った後の手洗いを十分に行うことが重要です。また、吐物や排泄物の処理を適切に行わなければ感染を拡大させてしまいます。

ケアポート緑ヶ丘は、高齢者の集合住宅ですので、スタッフが感染源とならないように手洗い・うがいの励行とマスクの着用をするとともに、当日の出勤者及び同居家族の健康チェック(体温測定と諸症状の有無を記入)も行っています。

また、環境整備(手すり、ドアノブ、居室の電気のスイッチ、窓のカギ、ベッド柵の消毒)も毎日欠かさず実施中です。

しかし、どんなに感染予防をしても、完全に感染を防ぐのは不可能です。特にノロウイルスに感染してしまうと突然、嘔吐や下痢が起こります。

ケアポート緑ヶ丘では、ノロウイルス感染が発症した場合でも、被害を最小限にするために吐物や排せつ物の処理セットを準備し、いつでも使用できるようにしています。合わせてこの時期は、感染症対策の勉強会を実施しています。

今回は、11月29日(火)に勉強会を実施しました。まず、はじめにハクゾウメディカル(株)様に講義をしていただき、その内容を踏まえ、4つのチームに分かれて吐物処理の仕方を職員全員1人ずつ実施しました。

実際にエプロン、マスク、手袋を装着し、ヨーグルトを模擬吐物として黒ビニールの上に落とし、どれだけの範囲まで吐物が飛び散るのか(半径2m飛ぶと言われてます)を確認したうえで、吐物を外側から内側に拭き取ることを実施しました。

吐物の処理をする場面に、ケアマネジャーや事務職員などは、実際遭遇する機会はないかもしれませんが、いつどこで処理が必要になるかはわからないので、職員全員が適切に処理ができるように、毎年計画・実施していこうと思っています。

                                                      医療安全委員会



 

緑ヶ丘小学校4年生の皆さんと交流会をしました!

2016年11月28日|スタッフブログ

本日、緑ヶ丘小学校4年生の生徒さん79名との交流会がありました。

小学校の総合学習の一環として毎年来ていただいており、今年で5年目になります。ありがたいことです。

小学生の皆さんは、それぞれ交流を図るために、トランプ、あやとり、カルタ、福笑い、折り紙、ビンゴ、ジェンガなどなど8班に分かれて準備をしてきていただきました。ジェンガの班では、ジェンガが倒れるたびに大きな音と悲鳴が・・・(笑)

短い時間でしたが、皆さん笑顔笑顔で楽しんでいらっしゃいました。 :lol:

最後に、全員で歌の披露がありましたが、入居者の何名かは感動で涙を流される方もいらっしゃいました。

来年もぜひお待ちしています!!



 

 

 

 

ケーキバイキングを開催しました!

2016年11月15日|スタッフブログ

 10月30日(日)に入居者の方を対象とした、ケーキバイキングを開催しました。

 当日は、体操を5分ほどして少しだけカロリーを消費。その後にスタッフが大皿に乗せたケーキを持っていき選んでいただきました。

 この日は、ハロウィンということもあり、オバケのかわいいデコレーションがあったり、どれも美味しそうです。

 ケーキは6種類もあるので、その中から3種類選ぶのにも「どれがいいかな?」と悩みながらも笑顔がたくさん見られました。

 人気があったベスト3は以下のとおりです。

  1位 おはぎ

  2位 抹茶ロール

  3位 抹茶プリン

 食べた後の入居者様の感想も「また、やってほしい」「どれも、美味しかった」などなど、うれしい言葉をたくさんいただきました(スタッフも :lol:

 どのケーキも本当に美味しかったです。作っていただいた厨房の(株)レオックさんに感謝!

 昨年度同様、今年もやれて『良かった』とスタッフも喜んでいます。

 『食事を楽しい』と思っていただくためにも、来年度もまたぜひやりたいと思っています。



 

                                                 食事委員会
このページの先頭へ戻る