ブログ

荒尾市出前講座「意外に身近な消費者トラブル」の開催

2018年4月15日|日々の出来事

向陽台区の総会が4/15(日)に当施設のデイケアホールで開催されたのですが、総会の後に荒尾市の出前講座で「意外に身近な消費者トラブル」(38名出席)について、荒尾市消費者センターの職員の方から説明がありました。実際にあった事例を基にした説明だったので、皆さん興味津々の様子で聞き入っていらっしゃいました。

花見会を開催しました

2018年4月5日|スタッフブログ

3月29日(木)に花見会を開催しました。

まずは、さくらちらし寿司をはじめとした行事食を美味しくいただいたあとに、デイケアホールで昨年も来ていただいた、出口様にオカリナの演奏をしていただきました。

演奏の合間に出口さんから”大きい声で歌を歌えば、5年は寿命が延びますよ!”との情報をいただき、みなさん大変大きな声で歌っていただきましたので、間違いなく5年以上は寿命が延びたでしょう(笑)

皆さんからは、「料理が美味しかった。」「懐かしい歌が歌えて良かったです。また、お願いします。」などの感想をいただきました。

また、ステージのバックの大きい桜は、入居者様、ご利用者様の方で飾り付けをしていただきました。製作時間が長く大変でしたが、とても綺麗な「さくら」が完成しました。

入居者様、利用者様が楽しんでいただけるように今後も頑張っていきます。

 

                                     スタッフ一同、レクリエーション委員会



認知症委員会からの活動報告

2018年2月22日|日々の出来事

 2月のブログ担当は認知症委員会です。

 認知症委員会では、入居者様の生活状況を見ながら、ケアをしていく事でもっと日常生活に楽しみを見出すことが出来ないか?身体状況の改善が出来ないか?を毎月委員会を開催し、検討してきました。

 検討した内容については、各部署に持ち帰り、職員に伝達、実施、改善の有無及び課題、対応策をあげ、次回の委員会に持ち寄ってケアを評価・検討し、認知機能の改善を目指しました。

 平成29年11月~平成30年2月までと期間は短かったのですが、取り組みの結果、状態改善がみられたので紹介します。

<当時の状況>

 ベッド臥床が多く、帰宅願望が頻回にあった。車椅子に移乗し、リビングで過ごして頂くが、傾眠傾向であった。

 ベッドからの離床を促し、食事以外に10時・15時にコーヒー等の飲み物と新聞を提供したが、初めのうちだけは読まれるが、後にウトウトされる。

<取り組んだ内容>

1 傾眠傾向とならないために何かないか?

(対応策)

 読書を好まれるため、自宅から本を持参していただいた。お茶を提供する時は、必ず本を居室から持参していただいた。その事で、読書に集中され傾眠傾向なく2時間ほど過ごされるようになった。計算問題は3ケタのたし算はほぼ正解される。

 1月頃から、ベッド⇔車椅子の移乗動作が見守り~軽介助でできるようになられた。

 食事もムセがあったり摂取時間を要していたが、介助なしでムセもなく摂取時間も早くなっている。意欲が出て行動が活発になられた印象がある。

 車椅子も全介助から足を使って自走されるようになられた。

 食堂でも自分から声掛けをしたり、入居者様と歌を歌ったりされている。

 

2 集中されるが、読書・計算問題だけでなく他に楽しみになる物が何かないか?

(対応策)

 英語の教師でいらっしゃたので、動物の絵と英単語を入れたカードを作成し、絵を見て発音していただいた。また、単語をノートに記入していただいたところ、どんどん意欲がみられるようになった。

 そこで、英文問題(過去問題)を回答して頂いた。プリント1枚問題に取り組まれ、ほぼ正解であった。2枚目になると、さすがに疲労感みられ、取り組むことはなかった。

 提供する物(計算・小説本・英会話・英文問題)が増えた。

 また、歌は好まれるため、引き続き一緒に歌ったり、ゲームへの参加を促す。

 

 以上のように、意欲的になられ、楽しみが増えたと思うが、反面、問題が生じた。

<問題点>

1 集中して取り組んでいただいているが、車椅子座位の時間が長くなった事で、臀部の圧迫による皮膚トラブルが発生するようになってしまった。

2 車いす乗車が長くなると、臀部が前方へずれが生じてしまう。

 <対策>

1 食堂で過ごしていただく時間を短くするため、声かけしベッド臥床を促す。

2 車いす用のクッションを変更する予定。

3 ずれがある時は、自分で臀部を持ち上げ除圧と姿勢を整えていただくよう、声かけする。

 

 以上のように、毎月、委員会を開催し、状況報告と対応策を検討するに当たっては、ご本人様の生活歴を知ることがとても重要でケアを考える上でヒントとなりました。入居者様一人一人の楽しみある生活のお手伝いが出来る様にこれからも職員一同頑張っていきたいと思います。

医療安全委員より

2018年1月19日|スタッフブログ

平成30年の新年を迎え、皆さま心新たに色んな今年の目標を掲げたり、初詣では祈念されたのではないでしょうか?

まだまだ寒さはこれからが本番です。熊本県内でもインフルエンザが警報レベルに上がっています。

気を緩めずに、風邪やインフルエンザ・感染性胃腸炎などには十分注意をはらい、家庭内はもちろん職場環境においても注意していきましょう!

ケアポート緑ヶ丘では、毎年この時期は「私の健康管理日誌」というものを、毎朝記入しています。記入内容は、体温、自分の健康状態、家族の健康状態といった具合です。

また、風邪の症状などがある場合は、早目に病院受診をする。嘔吐や下痢などの症状がある場合は、早目に各部署の上司に報告し、症状によっては職場に出てこないことを徹底しています。

職場では「手洗い」「うがい」「マスク」の励行をしっかり実施するとともに、家庭においてもしっかりと実施したいと思います。

      うがい      マスク
 

 

年間では、特に2月が最も寒い季節と言われています。本当に「これから」です!美味しい物を食べて、暖かくして気合で乗り切りましょう!

鍋1     鍋2

クリスマス忘年会を開催しました。

2017年12月25日|スタッフブログ

12月22日(金)にクリスマス忘年会を開催致しました。

まず初めに新入職員による出し物で、昔懐かしいピンクレディのUFOの踊りの披露がありました。

続いて、ボランティアの「マジックよしの塾」の皆さんによるマジックを行っていただきました。

トランプや花を使ったマジックなど、たくさん行って頂きました。入居者様、利用者様の驚いたお顔がたくさん見られ、良い刺激になったと思っています。

来年も少しでも喜んで頂けるように取り組んでいきます。

                                            レクリエーション委員会

岱洋西区サロン”花を届けるクリスマス”

2017年12月21日|スタッフブログ

12月10日(日)に岱洋西区サロン”グリーンカフェ”主催の「クリスマスイベント 花を届けるクリスマス」が開催されました。

岱洋西区(グリーンヒルズさん)では、今年から荒尾市社会福祉協議会の協力の下、サロンを作り、年配の方に楽しんでもらえる企画を行っていらっしゃいます。

今回は花をテーマにしたイベントで、赤い羽根共同募金の助成を活用されているそうです。

当日は荒尾市社会福祉協議会の片山様、福祉委員の前嶋様、岱洋西区子供会の13名の皆様、4名の保護者の皆さんが参加されました。

12月の冷たい雨の中、皆さん濡れながらケアポ-ト緑ヶ丘の花壇に沢山の色とりどりの花やチュ-リップの球根を植えていただきました。

今回で2回目の花植えで益々きれいに色鮮やかに咲いています。

お立ち寄りの際は是非ご覧ください。

その後は子供会で、岱洋西区の85歳以上の方へのプレゼント作りをされました。

10件の世帯に配られる予定だそうです。パンジ-の花に雪ダルマのメッセージカードを添えたとてもかわいいプレゼントで、みなさん喜ばれることと思います。ケアポ-トにも頂きました。

ケアポ-トからも地域づくり委員が、子供さんへのプレゼントの準備と当日のお手伝いをさせていただき、とても有意義な時間を過ごす事ができました。





 

夜間想定の消防訓練

2017年12月1日|スタッフブログ

11月30日(木)に今年2回目の消防訓練を実施しました。

今回は、夜間に火災が発生したと想定しての訓練です。

当施設では、夜間は夜勤者と当直者の2名体制になりますので、いかに効率よく連携をとって避難に当たれるかが重要となります。

避難に当たっては、火元から近くの入居者様から順番に、あらゆる場面を想定して徒歩、車椅子、ベッド、シーツとそれぞれの手段を用いて行いました。

避難訓練終了後、消防署からの講評では、部屋の扉を開ける際は、部屋に火が充満していて熱や煙が一気に噴き出してくるかもしれないので、注意して開ける。火元の扉は延焼を防ぐために閉める。入居者の誘導は大きな声で行う。というご指導をいただきました。

当施設には、スプリンクラーが設置してありますので、火が燃え広がることはないと思いますが、消防署が到着するまでの間に入居者様をいかに早く、安全な場所に避難させることができるよう、今後も訓練を行いたいと思います。



 

 

緑ヶ丘小学校4年生の皆さんとの交流会

2017年11月8日|スタッフブログ

9月の見学に引き続き、本日、緑ヶ丘小学校4年生の生徒さん73名との交流会がありました。

まず初めに、歌の披露が2曲ありました。元気で澄み渡る声に心が清々しくなります。明日は合唱コンクールがあるそうです。みなさん頑張ってください。

次に、小学生の皆さんが準備していただいた、輪投げ、魚釣り、折り紙、すごろく、ボーリングなどで交流会を行いました。今回は全て手作りで、利用者の皆さんが楽しめるように工夫が凝らされたものでした。

また、手作りの賞品も準備していただき、いただいた利用者の皆さんも喜んでいらっしゃいました。

短い時間でしたが、皆さん笑顔笑顔で楽しんでいらっしゃいました。 

来年もぜひお待ちしています!!

認知症委員会からの活動報告

2017年11月6日|スタッフブログ

平成29年度の認知症委員会は6名の職員で、職種は看護師、ケアマネージャー、ケアワーカー、ヘルパーと多職種で構成し活動しています。

認知症委員会では、去る10月24日(火)にケアポート緑ヶ丘の全体勉強会にて、毎月委員会で検討し、対応してきたことを報告しました。

4月から10月の半年にかけて1人の入居者様について現状を把握し、職員がどう関わっていけば楽しい生活を送っていただけるかについて、ケアのやり方を検討した上で各部署に持ち帰り、統一したケアを実施してきました。

これからも、入居者様一人ひとりに合ったケアで、認知症の方も安心して生活ができるように職員が気づきをもって関わっていきたいと思います。

敬老会を開催しました。

2017年9月26日|スタッフブログ

 9月18日敬老の日に、敬老会を開催しました。

 はじめに、いつもお世話になっている片山様他2名の方々による歌、オカリナ、朗読の披露があり、皆さんで一緒に大きな声で口ずさみながら、笑顔もあり、楽しんでいらっしゃいました。

 歌の後は、ご長寿表彰を行いました。対象者は95歳以上の方で8名です。そのうち2名の方が欠席でしたので、6名の方に各事業所からのメッセージが書かれた色紙をお渡ししました。

 今年は、90歳以上の人口が初めて200万人を超えたそうですが、ケアポート緑ヶ丘に入居されている方の平均年齢は90歳。3分の2以上の方が90歳以上で、みなさんとてもお元気でご長寿です。

 入居者様、利用者様が健康で毎日が楽しく生活できるように、今後も頑張っていきたいと思います。

 

                                              リハ・レク委員会



 
このページの先頭へ戻る